インプラント治療

インプラントとは

インプラント治療とは、歯が抜けた部分にネジを埋めて歯根として機能させ、そこへ被せ物を付け自分の歯として使用する治療法です。治療によって、天然歯と同じように噛める歯を取り戻すことができます。

なぜインプラントや入れ歯が必要になるのか?

なぜインプラントや入れ歯が必要になるのか?

歯が1本でも抜けてしまうと、抜けたスペースを補うために噛み合わせが悪化したり、歯と歯の間に隙間ができたり、食べ物が詰まってむし歯になりやすくなったりします。また、まっすぐ均等に噛むことができなくなるため、他の歯がぐらぐらしたり抜けたりします。歯が抜けたら放置せず、インプラントや入れ歯で歯を補うことが大切です。

両側の歯が複数本ない場合

インプラント

インプラント

インプラントには、他の歯を削らずに治療ができる、取り外しが不要といったメリットがあります。ただその反面、外科手術が必要で、費用が高額になるというデメリットもあります。

入れ歯

入れ歯

入れ歯は取り外しができるため、手入れが楽で安価な反面、違和感が強いといったデメリットがあります。

歯が1本だけない場合

入れ歯

入れ歯

安価かつ隣接する歯を削る量が少なくて済むのがメリットですが、見た目や付け心地に異物感があるといったデメリットもあります。

ブリッジ

ブリッジ

安価で行えますが、両隣の歯をかなり削る必要があり、歯に負担がかかります。健康な歯を巻き込む可能性が高くなる点がデメリットです。入れ歯に比べて異物感は少なくなります。

インプラント

インプラント

健康な歯を削ることなく治療ができます。見た目の違和感や装着時の異物感もありませんが、外科的手術が必要で、値段が高いというデメリットがあります。

歯が複数本ない場合

入れ歯

入れ歯

適応範囲が広く安価な点がメリットですが、見た目や付け心地に違和感があります。

ブリッジ

ブリッジ

安価でできますが、両隣を2本ずつ削る必要があり、かつ支える歯に負担もかかるため、健康な歯を巻き込む可能性が高くなります。入れ歯に比べて異物感は少なくなります。

インプラント

インプラント

健康な歯を削る必要もなく治療を行うことができます。見た目の違和感はありませんが、外科的手術が必要で値段が高いというデメリットがあります。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのデメリット

  • 外科的処置が必要
  • 金額が高い
  • メンテナンスが必要
  • 歯周病になりやすい

インプラントのメリット

  • 装着時の違和感がない
  • 噛み心地がよい
  • 他の歯に全く負担がかからない

当院のインプラント治療について

当院ではサージカルガイドを使用したインプラント治療を行っています。サージカルガイドは外科をする際に、フリーハンドにならないよう顎の骨の適切な位置にドリルで穴をあけてマウスピースで固定できるので、より正確なインプラント治療が行えます。

インプラント治療の特徴

特徴①

安全に治療するために、サージカルガイドを使用しています。また、ガイドのみを信用するのではなく、自分の目で再確認することでより適切に治療を行います。

特徴②

当院ではドイツ製のカムログインプラントを使用しています。長期間安定して使用できる純チタン素材で、周囲の骨の吸収を起こしにくいのが特徴です。

特徴③

CTを使用し、立体的に骨の状態や神経の位置を確認するため、適切な診査・診断、精密な治療ができます。

インプラント治療の時間について

麻酔から手術終了まで30〜40分と短時間で治療ができます。

インプラント治療の流れ

当院では、診査診断及びサージカルガイド作成を適切に行います。

1カウンセリング
カウンセリングを行い、インプラント治療の内容を説明します。治療計画を作成し、ご納得いただけるようでしたら治療スタートします。
診査・診断
2診査・診断
模型やレントゲンで診査を行い、インプラント治療が可能かどうか口腔内の状態を確認します。
また治療計画についても説明します。その後、模型・CTをとり、1ヶ月ほどかけてサージカルガイドを作成いたします。
3前処置
歯周病やむし歯の治療、クリーニングなどを行い、口腔内を良好な状態に保ちます。
1次手術
41次手術
サージカルガイドに沿ってインプラントを埋め込みます。しっかりと結合するまで上歯は6〜9ヶ月、下歯は3〜6ヶ月ほどかかります。
※骨の条件により結合期間は異なります。
52次手術
歯ぐきを開き、インプラントを露出させ、キャップを取り付けます。歯肉の状態が落ち着くまで1ヶ月程度待ちます。
インプラント上部構造の製作
6インプラント上部構造の作成と取り付け
型取りの後、セラミック製の上部を取り付け、治療は完了です。

インプラントの寿命、長くもたせるポイント

インプラントの寿命は約20〜25年と言われています。健康な状態を保つためには、正しいホームケアと定期検診が大切になります。

当院では、患者さんに定期健診に来ていただき、レントゲン、CT、咬合検査や歯周検査などを行い、プラークコントロールが適切に行われているか確認しています。

インプラント治療と歯周病について

インプラント治療と歯周病について

インプラントは天然の歯よりも歯周病にかかりやすいため、きちんとメンテナンスすることが特に大切です。インプラント周辺の歯ぐきは歯周病菌が入り込みやすく、またインプラントには天然歯にあるクッションの役割となる歯根膜がないため、噛む際のダメージを受けやすくなります。そのため、インプラント治療をした場合には、同時進行で歯周病治療もしっかりと行う必要があります。

インプラント治療と歯周病について

インプラントは天然の歯よりも歯周病にかかりやすいため、きちんとメンテナンスすることが特に大切です。インプラント周辺の歯ぐきは歯周病菌が入り込みやすく、またインプラントには天然歯にあるクッションの役割となる歯根膜がないため、噛む際のダメージを受けやすくなります。そのため、インプラント治療をした場合には、同時進行で歯周病治療もしっかりと行う必要があります。

歯周病

カウンセリング
1カウンセリング
カウンセリングを行い、インプラント治療の内容を説明します。治療計画を作成し、ご納得いただけるようでしたら、インプラントが埋入可能かどうか検査を行います。
検査
2検査
レントゲンやCT検査を行い、欠損部位とその周辺の骨の厚みや骨密度、神経までの距離などを測ります。また歯周病の状態や歯並び、むし歯などの口腔内の状態も確認し、インプラントに適しているかどうかを診断いたします。
埋入が可能であれば、治療内容や治療期間、またかかる費用などもご説明いたします。
前処置
3前処置
歯周病やむし歯の治療、クリーニングなどを行い、口腔内を良好な状態に保ちます。
41次手術
サージカルガイドに沿ってインプラントを埋め込み、定着するまで数ヶ月待ちます。
52次手術
インプラントを露出させ、キャップを取り付けます。型取りを行い1ヶ月程度待ちます。
仮歯の装着
6仮歯の装着
土台を取り付け、仮歯を装着します。
7上部構造の作製
セラミック製の上部を取り付け、治療は完了です。

インプラント治療の料金

一律350,000円/1本(税抜)

インプラントに興味のある方はご相談ください

インプラント治療を行う際は、まずは全身や口腔内、骨の状態を確認させていただく必要があります。入れ歯に違和感がある、ブリッジは他の歯を削る必要があるから心配、またインプラント治療に興味があるという方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはお気軽に

歯の痛みやお口のトラブルでお悩みのことがございましたら、ますだ歯科医院にお気軽にご相談ください。

9:00~12:30/14:30~19:00
木曜午後・日祝休診